光円錐ブログ(照明技術&デザイン部門)

照明&空間デザイナー 光円錐・松本永のブログです。(照明仕込図、調光卓のTips、等)
(日々の徒然部門)へはこちらをクリックして下さい。
<< パフォーマンスキッズ東京inシアター1010『おとなりさん』 照明仕込図 | main | JMS@吉祥寺シアター 照明仕込図 >>
Expressの入門ガイド[Expression Offlineを使おう"後編"
前編をアップしてから半年経ってしまいました。
すみません・・・・。
遅ればせながら続きです。

入門ガイド[Expression Offlineを使おう"後編"]
3)ソフトの設定
a)インストールしたExpression Offlineを起動します。
b)メニューからOptions →Console Typetとクリックします。
次に表示されるリストから自分の使用するExpressのタイプを選択します。この場合、どのタイプを選んでも基本的にデータは同じなので、決まっていなければExpress72/144を選んでおきましょう。
Express250・125(ノンフェーダータイプ)はディスプレイ上でのChannelが25ch毎に表示されますが、その他のタイプは24ch毎に表示されます。多くの小劇場では、Express250・125以外のタイプが導入されているので、Express72/144を選択しておくのが無難です。
c)タイプを設定したら1度Offlineソフトを終了し、改めて起動し直します。
d)各ウィンドウのサイズを設定します。
ここでもし“Screen2”が表示されていたら、右上の“×”をクリックしてウィンドウを消去します。
各ウィンドウの左上を右クリックすると“Tiny Font(小さいウィンドウ)”“Small Font(中ぐらいのウィンドウ)”“Large Font(大きなウィンドウ)”というリストが表示されるので、自分のPCのディスプレイの解像度に合わせて各ウィンドウのサイズを設定して下さい。
e)各ウィンドウの配置を設定します。
大きさを設定した各ウィンドウを操作しやすいようにディスプレイ上に配置します。
ちなみに私は1280×800のディスプレイ上で、全てのウィンドウを“Large Font(大きいウィンドウ)”に設定して使用しています。
f)ウィンドウの配置を記録する。
メニューから“Window”→“Save Window Position”とクリックします。これで次回起動時から、設定したサイズ&配置に表示されます。


4)FD(フロッピーディスク)の使用法
調光卓Expressとデータのやり取りをするにはフロッピーディスク(FD)を使用します。
a)FDからデータを読み込む。
メニューから“File”→“Import Show”とクリックします。
b)OfflineのデータをFDに書き出す。
メニューから“File”→“Export Show”とクリックします。

5)OfflineのデータをPCのHDD(ハードディスクドライブ)に保存する。
a)メニューから“File”→“Save(上書き)”または“Save As(新規保存)”をクリックします。


これで、あとは調光卓Expressと同様の操作方法でデータを作成&修正することが出来ます。
Offlineにはキーボードショートカットが充実しているので、慣れるとほとんどマウスを使用することなく調光卓Express並に素早く入力が可能です。
また、調光卓に無い機能として、“Label(ラベル)”を入力する事が出来ます。


6)Labelを利用する(上級者向き)
Cue、Channel、Dimmer、Group、FocusPoint、Profile、Submaster等に英数字のLabel(名称)を付ける事が出来ます。
この機能は調光卓Expressには無いので、修正もOffline上でしかできませんが、うまく使用するととても便利です。
ProfileはSETUP→10:Profiles画面から
ChannelはSETUP→11:Channel Attributes画面から
DimmerはPATCH画面から
その他はBlind画面で各要素の画面から
ショートカット“B”で入力可能です。

事前にもしくは、ロングランの時の完成データに、利用してみて下さい。
ただし、調光卓では修正も削除も出来ないので、あまりたくさん使用すると見難い画面になってしまうので注意が必要です。

7)ショートカット
Offlineソフトと同時にPCにインストールされる“Expression Off-Line QuickGuide”の14ページを参照して下さい。
以下に主なものを一覧してみます。
“調光卓キーパッド”→“Offlineのショートカット”
“AND”→“N”
“At”→“A”
“Channel”→“C”
“Clear”→“Backspace”or“Delete”
“Cue”→“Q”
“Dimmer”→“D”
“Except”→“X”
“Focus Point”→“!”
“Follow”→“Y”
“Full”→“F”
“Group”→“G”
“Level”→“V”
“Link”→“K”
“Only”→“O”
“Page”→“J”
“Part”→“P”
“Record”→“R”
“Release”→“L”
“Submaster”→“S”
“Thru”→“T”
“Time”→“I”
“Track”→“^”
“Type”→“*”
“Wait”→“W”

次回から調光卓Expressの説明に入ります。
| Express入門ガイド | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://light.coneoflight.com/trackback/1203432
トラックバック